[SIG MCX]エボログさんが解説!Cybergun/VFC版とSIG AIR版のSIG MCXの違い!

銃と装備

[SIG MCX]エボログさんが解説!Cybergun/VFC版とSIG AIR版のSIG MCXの違い!

Cybergun/VFC版と、SIG AIR版2種類のSIG MCXの違いについて
多くのエアソフトガンのレビューやカスタムをブログで公開されている
エボログさんに解説していただきました!

[SIG MCX]2021人気爆発SIG MCX特集!
2021人気爆発SIG MCX特集! Instagram2018年1月頃フランスのサイバーガン社から、 2019年12月頃には実銃メーカーであるSIG Sauer 社の SIG AIR PROFORCE AIRSOFTLINEから発売...
はい格好いい!SIG MCX まとめ!
はい格好いい!SIG MCX まとめ! どもサバオです! 今回は『はい格好いい!SIG MCX まとめ!』 を紹介します! SIG MCXとは! SIG SAUER, INC...

Cybergun/VFC版とSIG AIR版のSIG MCXの違いについて

SIG MCXの電動ガンにはCybergun/VFC版と呼ばれる製品と、SIG AIR版と呼ばれる2種類の製品が存在しています。

元々SIG SAUER製品のエアソフトガン向けライセンスはCybergunが管理していた為、CybergunがVFCにライセンス提供を行って作ったSIG MCXがCybergun/VFC版、Cybergunからライセンスを巻き取ってSIG SAUER自身のエアソフト向けブランド、SIG AIRがが作成(製造はVFC)したSIG MCXがSIG AIR版と呼ばれており、それぞれ部分的に違っている箇所があります。

*尚、写真のSIG MCXは共に外装を若干カスタマイズしてしまっている状態の為、純正状態ではない事をご了承下さい。

 

ハンドガード

まず、大きく違っているのはハンドガードです。 Cybergun/VFCはKeymodの短いハンドガードが、SIG AIR版ではM-LOKの長いハンドガードが採用されています。 また、ハンドガードの上部には20mmレールが付いているのですが、この長さもSIG AIRとCybergun/VFCで異なっています。

この違いにより、ハンドガードは双方向で互換性がありません。 もし、社外製ハンドガードに交換したい場合はどのモデルのSIG MCXに対応しているハンドガードなのかを確認しておく必要があります。

この違いはベースにしているSIG MCXのモデルが違う為です。 SIG MCXは何度かマイナーチェンジを行っており、Cybergun/VFC版は旧型、SIG AIR版は現行仕様(SIG MCX VIRTUS)を再現しています。

バッテリーの収納について

ハンドガードの長さが違う事によってガスブロックの位置も変更されています。 また、Cybergun/VFC版ではガスブロックに繋がるように伸びていたガスピストンが、SIG AIR版では無くなっています。 この違いは見た目だけではなく実用性への影響もある部分で、バッテリー収納スペースがSIG AIR版では大きくなっている為、大きなバッテリーを入れる事が可能になっています。 Cybergun/VFCが販売された当初、「バッテリーを入れる難易度が高すぎる」「対応バッテリーが少なすぎる」と少し話題になりましたが、SIG AIRではその辺りが改善されている感じです。

尚、写真のCybergun/VFC SIG MCXはダミーのガスピストンをカットする加工を行う事により、バッテリースペースを確保するカスタムを行っている為、Cybergun/VFCでもガスピストンがありません。

レシーバー

続いて、レシーバーを比較してみます。 レシーバーもモデルにしているSIG MCXが異なっているので、細部のデザインや刻印が変わっています。

N

具体的な違いは下記の通り ・アッパーレシーバーにVIRTUS刻印の有無 ・アッパーレシーバーにSIG MCXロゴの有無(旧ロゴ) ・アッパーレシーバーの段差の位置 ・ロアレシーバーのSIG SAUER INCの下にEXETER-NH-USAの有無

また、SIG AIR版のトリガーガード下には取り扱いに関する注意書きが印刷されているという差も存在します。 トリガーの付け根の部分にはCal.6mm BBという文字も印刷されていますね。

トリガーガード

また、SIG AIR版のトリガーガード下には取り扱いに関する注意書きが印刷されトリガーの付け根の部分にはCal.6mm BBという文字も印刷されていますね。ているという差も存在します。

反対側はこんな感じでこちら側ほぼ同じです。 テイクダウンピンの上辺りの段差の有無位でしょう。

トップレール

また細かい違いとして、トップレールのデザインが違っています。 Cybergun/VFC版はレールの中央に窪みが設けられているのですが、SIG AIR版はこの窪みがありません。

その他の部分

尚、内部(バレル、メカボックス、モーターなど)に関しては両方ともVFCが製造している上に全く同じ設計なのでインナーバレル長とスプリングレート以外の違いはありません。 Cybergun/VFC版よりSIG AIR版の方がインナーバレルが長いですが、シリンダー容量は共に同じで、スプリングレートだけで調整されているだけのようです。


エボログ


@Evolutor_web

[SIG MCX]2021人気爆発SIG MCX特集!
2021人気爆発SIG MCX特集! Instagram2018年1月頃フランスのサイバーガン社から、 2019年12月頃には実銃メーカーであるSIG Sauer 社の SIG AIR PROFORCE AIRSOFTLINEから発売...
[HK416]フィールドで大活躍中のHK416を特集!
フィールドで大活躍中のHK416を特集! HK 416とは? H&K HK416(Heckler-und-koch HK416)(HKM4)は、独ヘッケラー&コッホ社(H&K社)が開発したカービンタイプの...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました